気になるワード

三毛別ヒグマ事件とは?記録的獣害事件。

三毛別ヒグマ事件という、国内では記録的な獣害(じゅうがい)事件をご存じですか?

少し昔の話なので、テレビで特集されていたりしないと聞いたことがないかもしれません。

テレビを見ていると定期的にこの事件について紹介されていることがありますので、今日はこの事件の内容について説明していきます。

 

三毛別ヒグマ事件とは

三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん)とは、1915年12月9日~12月14日にかけて北海道の三毛別村および六線沢村で発生した事件です。

六線沢熊害事件(ろくせんさわゆうがいじけん)、苫前羆事件(とままえひぐまじけん)、苫前三毛別事件(とままえさんけべつじけん)とも呼ばれます。

 

男女子供含め7名が死亡、3名が重傷という熊において記録的な被害を出した事件となります。

事件の話を聞きつけたマタギの「山本兵吉」さんにより射殺され、解決されました。
※マタギとは、狩猟を行う人です。俗にいうハンターです。

 

三毛別ヒグマ事件のエゾヒグマについて

事件の名の通り、犯人はヒグマです。

ヒグマの中でも、北海道に生息するものをエゾヒグマと呼びます。

通常300kgまで育つ個体はなかなかいないとされる中、この事件のエゾヒグマは体重340kg体長2.7mといわれています。

なんと、立ち上がると3.5mにもなるそうです。

 

このヒグマですが、「穴持たず」と呼ばれる冬眠に失敗した熊です。

穴持たずの熊は、空腹のせいか気性が荒く食べ物への執着が強いといわれています。

 

また、通常熊は人を恐れています。

出会った際に人を襲うのは、恐怖心からの行動とされていますね。

しかし空腹により獲物や手段を選ばなくなり一度人間の味を覚えてしまった個体は非常に危険です。

そう、人を無力な獲物と認識してしまうからです。

 

更に熊には「俺の物は俺の物」という強い執着心があります。

事件の途中、餌として連れ去られた奥さんの死体を森に回収に行ったという経緯があります。

一度奪ったものは必ず取り返すといわんばかりに、犬の10倍はあるといわれる嗅覚で再び村に呼び戻してしまいました。

 

このような理由から、熊が大暴れし甚大な被害となってしまったということです。

やはり普通の人間では暴れ狂う獣に為す術はないのでしょうね。

恐ろしいものです。。。

熊に勝てる気はしませんが、山本兵吉さんのような英雄には憧れてしまいますね^^

-気になるワード

© 2021 気になる君 Powered by AFFINGER5